うつ病の症状を知って対策しよう|専門クリニックでの治療方法

医者と看護師

その辛さは病気かも

医者と看護師

辛さの原因

どんなに落ち込むことがあっても、憂鬱になる時があっても、人間は立ち直る力を持っています。ある程度の時間が過ぎればたいていは、また頑張ろうと奮い立つことができます。しかし、なぜかいつものように元気を取り戻す事が出来ない、またはいつもの生活を送るのがこれまで以上に辛く、体が思うように動かない、などいつものように自然と立ち直れない時や、いつまでたっても辛さがなくならずに涙が止まらない時などはありませんか。それはもしかしたらうつ病のサインで、症状となって出ているのかもしれません。うつ病の症状には、さまざまのものがありとても個人差が大きいですが、一般的に精神的な症状や身体的な症状となって出てくることが多いです。ではうつ病の症状とは具体的にどのような事が起こるのでしょうか。ただ辛いだけで、病気なんかではないと思っている人も、少なからずいるのが現状です。もしかしてうつ病かもしれないと思ったら、しっかりうつ病の症状について具体的に調べてみる必要があります。

病気を疑ったらすること

こんなに長く辛い気持ちが続くのはおかしい、うつ病かもしれない、と思ったらまず最初にうつ病の症状をチェックしてみましょう。精神的な症状として、落ち込んだ気分が続いたり、ずっと興味を持っていたことに興味を持てなかったりします。身体的な症状として食欲が減るか、あるいは増えたりしたり頭痛が続いたりします。またうつ病の多くの人が不眠に悩まされています。いつもの仕事や家事が思うように進まなかったり、何もしなくても疲れてばかりで気力もわかなかったり、うまく言葉に表す事が難しい程の辛さから、なかなか解放されないのがこの病気の特徴です。重症の場合は自殺願望も出てきて、自殺未遂を繰り返したりします。そのような場合には入院が必要です。そこまで悪化するまでに、信頼できる医師を探す事が大切です。また周囲の人の理解と協力なしでは、うつ病の早期克服は難しいのが現状です。うつ病かな、と思うような人がいたらしっかり協力し、理解してあげることが本人を助けることにつながるのです。