うつ病の症状を知って対策しよう|専門クリニックでの治療方法

メディカル

分類法や薬の活用

カウンセリング

うつ病には原因、症状、重症度などを基準とするいくつかの分類法があり、正確な診断に役立てられています。有用な治療法の一つとして薬物療法があり、セロトニンやノルアドレナリンといった神経伝達物質に作用する薬などを用います。

詳細を確認する

病を克服する道

病院

うつ病にかかった場合、まずは自分自身がうつに対する理解を深めてみましょう。特に自殺を考えるような症状が出ている場合、病を正しく認識すれば状態を冷静に受け止められるのです。うつ病に対する社会の理解は一昔前以上に深まっています。そのため治療を進める上で最適な環境が整いつつあるのです。

詳細を確認する

心の変調に気づいたら

叫ぶ男性

うつ病へと移行しかねないうつ状態にはさまざまな兆候があります。複数の兆候が見られるのに放置していると、やがては明確なうつ病に発展するのです。心療内科や精神科で心理療法を開始する際には、視点を変えて自分の心を客観的に見つめ直すことにより、自分の力で症状を改善させていくこともできるのです。

詳細を確認する

治療に向けて考えたい

塞ぎ込む女性

体質や飲み合わせの問題で服薬治療が行なえない場合、うつ病はカウンセリングで治すようにしましょう。特にカウンセリングはプライベートな問題でうつ病症状が現れている時に便利です。うつ病を効果的に治療するためのサービスはインターネット上に数多く存在しています。

詳細を確認する

その辛さは病気かも

医者と看護師

もしうつ病かもしれないと思う事があれば、遠慮せずにゆっくり休養して、信頼できる医師を探して相談することが大切です。休むのに抵抗のある人が多いでしょうが、そこは周りの人の理解と協力が必要になってきます。今の時代はまだまだ理解が難しいですが、うつ病の症状に早く気づく事が早期に病気を克服する近道です。

詳細を確認する

病院へ行くことが大切

診断

心にも身体にも出る

うつ病にはさまざまな症状があります。個人差もとても大きい病気です。一般的に大きく分けると、精神的な症状と身体的な症状があります。気持ちが落ち込んでしまったりするような精神的な症状だけでなく、身体の調子まで悪くなります。症状も一日の中で大きく変化していくのが、うつ病ならではの病気です。うつ病の多くの人が、朝が最も重く、夕方になるほど、少しずつ良くなっていきます。うつ病の精神的な症状とはどんな症状かというと、まず気持ちが憂鬱になり、理由はなく悲しくなったり、自分はだめな人間だというような自己否定感に苦しんだり、死にたくなるような気持ちになってしまうような症状があります。また、何をするにも意欲ややる気がなくなったり、人と会うのも面倒になったり、判断力や思考力が下がったり、勝手に自分が作り上げた妄想に苦しむ事もあります。また、うつ病の身体的な症状もさまざまです。一般的には睡眠障害や疲労感、倦怠感、食欲不振やめまい、首や肩のこりや腰痛、下痢や便秘などです。

医師に早めに相談する

精神的な症状が出ずに身体的な症状だけが出る人もいます。そんな人は、病院に行って検査をしても、原因が分からず、うつ病の治療をすることで回復に向かうこともあります。少しでもうつ病かもしれないと思ったなら、症状が悪化する前に病院に行くことが大切です。病院ではまず初めに医療面接をします。具体的な症状や、ストレスになるような出来事、他の病気や家族の話などを詳しく聞かれるので、しっかり話しましょう。チェックリストが使われる場合もあります。本人からだけではなく、ご家族からも話を聞く場合もあります。うつ病の症状を緩和していくために、ぜひギリギリまで一人で悩まないで、信頼できる医師を見つけましょう。自分に合う医師を見つけることが、うつ病を少しでも回復に向かわせる最善の方法でしょう。自分が納得いくまで複数の病院を探してみるのも良いでしょう。うつ病の治療には、薬によるものだけでなく、心理療法も効果が高いと言われています。治療の開始が、早ければ早いほど回復も早いです。